大阪府商工連合会の創業サポート塾1回目を聞いてきた 対話篇

2012年9月18日 @ 9:02 PM

大阪府商工連合会主催の創業サポート塾、というセミナーがあります。
お国が関わっているこの手のセミナーは基本的に格安です。
そりゃもう安い。
以前「なんでそんなに安いの?」と聞いたら「創業者が増えてその分税収を増やすのが目的」という
ミもフタもないけど皆が幸せになれる回答を聞いたことがありました。
1209sougyou003.jpg
全6回のセミナー前のプレセミナーとして行われた今回の「創業への第一歩セミナー」、
詳しい内容はあっちのblogで書いており、より詳しく聞きたければシューネクストで
ムラキを捕まえてください。


基本は「問題認識」や「モチベーション維持」「目的地を設定してそこに至る道程を認識」
「手持ちの戦力分析」という話です。
講師の本田勝裕氏はキャリアソリューニストであり
就職転職企業などのデビューを解決する、という人
facebook
PONTA’S SEMINAR
このセミナーの後半に行われたのが以前のサポート塾全6回の卒業生さんである
在宅医療マッサージ ハグ・ハグ主宰の堀井遼子さんによるサポート塾をどのようにうけてその後どのように行動し、
ビジネスとして進んでいったか、という体験談。
これが素晴らしかった。
話して下さった堀井氏は決してしゃべるのが得意というわけではなく、
訥々とゆっくりしゃべるタイプ。
講師の本田氏は堀井氏に対して一問一答方式で様々な話を引き出していき、
会場に来ている受講生にとって役に立つ話などを展開していきます。
堀井氏のビジネスはまだ成長段階にあり、
「私がこれだけ頑張った!成果でた!まだまだいけるよ!」
という前向きなものでは決して無く、
「鍼灸学校卒業して独立したけどお客なんて全然来ない。
営業活動したけど全然成果はでない。3ヶ月でようやく1件」などなど
聞いていて「をいをい、大丈夫なのか、、(´・ω・`)」と不安になる話が続きます。
面白いのは「このような困難があり、今は成功しました!」
というハッピーエンドな終わりではなく、
「現在も困難は続いていますが、それに対する原因と解決策は
おぼろげに見えている」という状況が話されました。
なんというか数年後にどうなったかが非常に気になる話でした。
「サポート塾を受けるとこんなに前向きで前途洋洋だゼ!(^_^)v」
という方を
招くのではなく
「受けに来ている皆さん、今後もこのように困難がありますが、
どんな困難も
原因と解決策はあります。そのお手伝いをするのがサポート塾です」
というように感じさせられる内容でした。
本田氏の一問一答方式があるからこそ引き出せた流れだと思いました。
人の話を引き出すのがうまい人ってのはああいうやり方をするんだな、と
勉強になりましたわ。
で、内容は?
いつものごとくセミナー中に書き留めたテキストファイルを羅列します。
詳しく聞きたかったらムラキをまた捕まえてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・在宅医療マッサージ?
足が弱った方向けに家に訪れてマッサージ
理学療法師の代わりに近い
リラクゼーションのマッサージ
・平成19年に開業したがお客がこない。
そこで創業サポート塾に参加した。
中小企業診断士に出した事業計画書は駄目だし。
創業セミナーで最初の事業計画書でかいたのは
開業した治療院を軌道にのせるもの。
でもそれでは無理だ!と中小企業診断士にいわれた。
外に出たら、と提案を受けた。
・営業にいった。
ケアマネージャーや介護ステーションに営業にいった。
営業にいったら振り込め詐欺と間違われたり、ひかれた。
バックはなかった。
3ヶ月つづけてようやく紹介がきた。
その間に会計やhp製作などを暇な時間に勉強した。
・もともと営業経験は?
ぜんぜんない!
鍼灸専門学校を卒業してから病院マッサージくらい。
独立はしたかったが、学校卒業後では全然だった。
技術だけでは全然独立仕事はできない。
・治療院を経営するのはお金がかかる。
ご主人が現在治療院をおこない、堀井さんが外に出る。
保険適用される。
外と治療院では外のほうが利益がいい。
治療院はよく言えば安定。悪く言えば止まっている。
・将来はどうなりたいか?
自分一人でまわるには精一杯の規模になった。
事業規模を大きく、人をやとったほうがいいのか迷う。
電話が来ても断らなきゃいけない、となるのも怖い。
・今の身の丈のまま、夫婦でやっていくか、もっとでかくするか?
地域に希望する人がいたらきちんといけるようになりたい
・鍼灸師以外の資格をとりたいとは思うのか?
思わない。
・一番キーになっているのは中で止まるのではなく、
外に営業にでたのがよかった。
外に出るのは時間のロスが出るのが難点
・お客さんから別のお客さんへの紹介は?
もちろんある。
それが強い
・老人ホームなどへの営業は?
してない。
施設は契約している人が多い。
施設にどういう契約をしたらいけるのか、などの知識がない。
・営業ニュースレターを毎月発行している。
顧客になっているお客さんに営業したい。
困っているお客さんがいるのはわかっているけど、それが自分の仕事に結び付けづらい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
話を聞いていると「技術を身につけたけどそこからどう生きていくか?」とういのは
今現在の革を学んでいる人に当てはまる話だと思いましたわ。
で。
 漠然と「将来商売したいな~」「手作りで食べていきたいな~」と思う人はサポート塾は聞いて損はないと思います。
創業サポート塾
大阪府商工連合会
日時2012年9月21日(金)・25日(火)・28日(金)・10月3日(火)・5日(金)・9日(火)
18:30~21:00
場所大阪市立生涯学習センター 阿倍野市民学習センター
第2研修室対象者創業希望者・創業予定者・創業に興味のある方定員創業への第一歩セミナー 30名
ステップアップ講座 20名
※定員になり次第、締め切らせていただきます講習内容創業への第一歩セミナー、ステップアップ講座(全6回)
ステップアップ講座(全6回) 3,000円(資料代)
内容「創業サポート塾」では、あなたの夢を実現するお手伝いをしていきたいと考えています。
創業への夢をお持ちのあなた。また、起業について考えたいあなた。創業サポート塾へのご参加を心よりお待ちしています。

関連記事: