本日は革日和♪2017春 IN大阪 3/24.25(金・土)ですが無事に終了しました。

展示会話の続きです。

17.3/24.25の本日は革日和♪2017春 IN大阪報告レポート1 こんなに多彩な傷は見たことない | 本日は革日和♪
17.3/24.25の本日は革日和♪2017春 IN大阪報告レポート2 最強クリッカー対決! | 本日は革日和♪
17.3/24.25の本日は革日和♪2017春 IN大阪報告レポート3 フェニックスで売っているものは実際に触らないとわからない | 本日は革日和♪

展示会会場の廊下に机出して「フェニックスのムラキ」として技術解説や最強クリッカー対決などをしてもらいました。
こちらではハンドクリッカー対決の話をしましょう。

IMG_20170325_095431

最強クリッカー対決

まぁ、大仰なタイトルですが、要は「手動クリッカーを並べて体験してもらおう」というものです。
当日は抜き型工房かわさきさんが自分の宣伝物・営業物もなにも持たずに解説をしてくれました。

何しに来たのよ?

川崎「面白そうやん!」

それだけで香川から来るのか( ´ー`)フゥー...

さて、並べたのは下記4選手

エキセン

 

IMG_20170322_153731

ネコプレス、とも呼ばれるエキセン。
こちらに天板をつけて、土台として分厚い材木板をつけたもの。
こいつの特徴は「遠心力を上下運動に変える」という機構。
ハンドルを回転させることで上下運動を行う。

メリットとしては

・作業速度が最速

です。
1分に小さなものを多数裁断したい、というのならばこれが一番早いです。油圧クリッカーよりも早いですね。

デメリットは

振動がすごい

これに尽きます。そのためマンションなどではおすすめできません。
お値段は10万弱ですね。

ハンドクリッカープレス Lucris MA Series III

ハンドクリッカープレス Lucris MA Series III

今回フェニックス3Fのサンプル師が教えるバッグ教室さんが購入したものをお借りしました。移動距離3m!なんて素晴らしい

IMG_20170325_112521

手動クリッカーというジャンルでの先駆け。
「テコの原理」で力を加えます。
今回まじめに私も触ってみました。

メリットは

IMG_20170404_120459

・盤面がデカイです。手動クリッカーの中では一番デカイ。
・天板が左右に動く。そのため作業効率性が良いですね。
・音が静か…テコの原理を使っているのでとても静かです。
・力が強い…体験した人のほとんどが「えっ!これで抜けたの?、、あっ!刃型が盤面に食い込んでいる!」と驚いていました。

デメリットは

・ちょっとでかい。テコの原理で動かすため柄が長く、作業スペースが必要となります。
・重い。45kgあるのかな?気軽に動かす、というわけにはいきませんね。

お値段は23万ちょいくらいで。

IMG_20170404_120600

RP-2000

今回のイベントのために五助屋レザーさんからお借りしました。

五助屋工具店パワーツール

内部にロータリーカムを搭載しており「カムの機構」で裁断します。

img0031[1]

革小物の型抜き・切断に最適の小型裁断機です。
大掛かりなクリッカーの導入を要せずとも快適に裁断が出来ます。
ロングウォレットなどこれ一台で抜き型を使用し快適に作業が出来ます。

1.驚くほど軽いハンドリングです。
2.重さは22kg
3.最大加圧力は、クラス最大の3トン
4.パワー比率は1:150
5.厚さ5ミリの革まで裁断可能。

本体寸法(長さ*幅*高さ)
320mm*150mm*290mm
本体重量 22kg
オープンハイト 44mm
ストローク 10mm
最大加圧力 2000kg(2t)
加圧比 1/150
プレス部寸法 140mm*140mm
ベッド寸法 175mm*150mm
PP板は2枚19mm抜き型用 付属しています。一般的なスエーデン鋼の抜き型です

メリットは

静か…これに尽きます。
場所をとらない…ご家庭の机の上にもおけるレベルですね。
軽い…22kgとありますが、頑張ったら持てます。遠方でのWSで使う・車での旅先で刃型を抜く、なども可能なレベルですね。
22kgって重そうに思えますが、本体が小さいためそれほど重いとも思いませんでした。
女性でも頑張ったら持てます。
パワーがある…上記2機種に比べると弱いですが、おもったよりもパワーがあります。
気持ちいい…裁断した時のクッという感触が気持ちいいですね。

デメリットは

盤面が小さく感じる…大きな刃型は複数回に分ければいいのでそれほど致命傷とも思いませんでした。

今回のイベントで体験した人に一番人気でしたね。( ´∀`)bグッ!

お値段16万ちょいくらい。

ALL-2000レザークラフト万能機

こちらも今回のイベントのために五助屋レザーさんからお借りしました。

五助屋工具店パワーツール

DSC035141[1]

本体寸法(長さ*幅*高さ)
330mm*150mm*290mm
本体重量 10kg
ストローク 14mm
最大加圧力 2000kg(2t)
加圧比 1/150

メリットは

・万能機というだけあって裁断のみならず、菱目やポンチなどを静かに確実に押し込める。
この機能は応用性高いですね。カービングや版押しなどにも使えますもの。
また微調整することで「4mmの革に2mmだけ菱目を入れる」なども出来ます。
・小さくて軽い…軽い、ほんとに。

IMG_20170325_100600 DSC033592[1]

デメリットは

・万能機というだけあって色々出来るのだが、裁断、という機能においては上記3機種よりパワーが落ちる。
左手なりで本体固定しないと裁断時に本体が動いてしまいますね。本体をきちんと机に固定するなりしたらより真価を発揮します。
※五助屋レザー追記「Allはハンドルを地面と平行より下に下げたとき少しだけ奥側に押し下げるようすると動かないです」

 

どうしてもパワーが他よりも劣ります。
ですが、音をせずに菱目が打てる・ポンチが大きなものでもガンガン叩く必要がないというメリットは非常に大きいですね。

足踏み式にしたら多分メーカーさんでも使い勝手良くなると思います。
イメージ的には「高さが高くなったハンドプレス」という感じです。

お値段は10万ちょいくらい。

円盤コマ

フェニックスで販売している円盤駒。
カシメを平らに潰す・版を押す、などをハンドプレスで可能になります。
きちんと固定するなりすれば小さな刃型なども根性で抜けます。
直径50mm円盤型駒 – レザークラフトフェニックス ONLINE SHOP
76260418[1]

メリットは

ハンドプレスにつけられる。お値段が安い
静か

デメリットは

上記の機種に比べるとパワーが弱い
裁断に使いたいならば机に固定や土台延長などあったほうがいい

 

さて、クリッカー総括

部門別に見てみましょう。

・パワーに関しては間違いなくハンドクリッカープレス Lucris MA Series III
・裁断面の大きさに関してもハンドクリッカープレス Lucris MA Series III
・静音性に関してはエキセン以外はどれも静かですね。
・裁断速度はエキセンが圧倒的です。
・お値段は。単純にやすさだけで判断するならば円盤駒ですが、「裁断メインで!」というならばRP-2000がお勧めかな。
それか最低限ALL-2000レザークラフト万能機かなぁ、と

会場アンケートではRP-2000でしたね。
場所をとらない・パワーが有る・静音性などで人気でした。

個人的にもてあそんで面白そう、と思ったのはALL-2000レザークラフト万能機ですね。
裁断よりも「垂直に均等に大きな力を下ろす」というのはレザークラフト以外にも使えます。
粘土をこねる・クルミを割る・刻印を入れる・砕く・刺す、など多彩に考えられますもの。

 

過去の関連blog: