レザーフェア開催にあわせて17.5/26.27の金土は本日は革日和♪in東京です。
今回はじめて爬虫類タンナーさんによるセミナーを開催します。

爬虫類タンナーって?

世界に26社しかなく、日本国内には6社しかないのが爬虫類タンナーです。
姫路・たつの市にあるタンナーは200社以上と言われている中、爬虫類タンナーがどれだけレアタンナーかよく分かるかと思います。

こんなセミナー

豚や牛のタンナーはどのような仕事か、ということを簡単に解説し、それ以降はインタビュー形式で質問していきます。

爬虫類タンナーの仕事の流れ
牛や豚のタンナーとの違い
それに対してどのような点に気をつけて鞣しを行っているのか
原皮はどのように手に入れるのか
原皮・鞣し・仕上げの各工程の重要さ
爬虫類の手入れ方法や取扱
製品作りをなぜ行うのか
今後爬虫類革の供給はどうなるか

講師の方は

藤豊製革所

昭和35年創業。ワニ革を中心としたタンナーさんで革のみならず製品も作っている。
講師の方はこの会社一筋25年以上働いている技術者の方です。
技術者の方ですので話がスムーズというわけではありませんが、現場の生の声を直接聞くことが出来る貴重な機会です。
事前に聞きたいことや疑問点などがあればお書きくださいね

お申込みはこちらから

爬虫類タンナーから話を聞くセミナー 2017年5月26日(東京都) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

過去の関連blog: