《JIS規格は、両足立位の荷重測定値。非荷重測定データを渡されても、靴メーカーはラストが作れない》件

《JIS規格は、両足立位の荷重測定値。非荷重測定データを渡されても、靴メーカーはラストが作れない》件d(^-^)

最近多いFAQ.「私の足は非荷重でJIS規格のAAです。でも、両足立位ならばAに近いBなんですけど、…どっちが本当❓️」と。 僕は「えっ⁉️ほんならBやん」って成ります。 それ、根本的に勘違いしてますよ❗️ そもそもJIS規格は両足立位測定値です。 ので、座位(非荷重)で測定してJIS規格表に照らし合わせる事自体に意味がありません。 医療系の整形靴測定方法(座位測定して、自然な殺し寸法が掛かってる状態)と市販のファッション靴測定方法とでは全く別物ですから、混同してはいけません。 例えば、僕達婦人靴メーカーが☆パンプス ラスト(靴型)を製作する場合ですが、非荷重測定値のデータを渡されても製作は絶対に不可‼️です。 何故ならば、殺し寸法(縮率の平均値や標準値)は、必ず両足立位測定値に掛けて行くからです(*´・ω-)b

☆ パンプス ラストとマニッシュ・紳士オックスフォード(紐靴)とでも、設計が全く異なります。

#JIS規格表は両足立位採寸に基づく
#非荷重採寸のデータからパンプス靴型は作れない
#古瀬靴教室 #靴木型教室 #靴業界従事者対象セミナー #オーダー靴型製作セミナー #足と靴の相関理論セミナー #古瀬シュースティリスタオフィス

――――――――――――――――――――――――――

《セミナーのご案内》
新規<足と靴の相関理論セミナー>は、2022年1月からスタート。 受講生さん募集中❣️ 詳しくはホームページをご覧くださいませ↓↓↓


#足と靴の相関理論セミナー
#古瀬靴教室コミニュティ
#古瀬シュースティリスタ研究会↓↓↓
https://ccrui.sakura.ne.jp/furuseshoesociety/seminor/

タイトルとURLをコピーしました